スラップ 訴訟 武富士。 吉村洋文大阪府知事が「武富士スラップ訴訟」でしたこと|寺澤有|note

当時、吉村さんは若手弁護士として東京で実務をこなしていました。

また、当社は2003年5月末から同年11月初めの間、インターネットの当社ホームページ上で、山岡氏が当社や前会長・武井らを違反容疑でする動きに関し、「盗聴の事実はなく、山岡氏は当社に対する恐喝未遂事件に加担していることから、刑事責任の追及逃れのために行っている」などとする虚偽の見解を掲載し、不特定多数の者にその内容を閲覧させました。

原告全面勝訴の判決と同一の効力を持つ。

吉村知事はまさに私に仕掛けられたスラップ訴訟のだったわけです」 こう話すのは、ネットメディア「アクセスジャーナル」を主宰する氏。

それから15年。

なお、以下の有料部分には、いま発売中の『週刊大衆』(6月15日号)のコラムでも、同様の取材を受けコメントしているのでその記事を転載しておく。

裁判になるとどうなるか。

96

さらに、ごくごくまれに「放棄」という終了の形もある。

そのような点に疑問を呈する記事を書いたジャーナリストや弁護士、媒体に対して、武富士は、片っ端から名誉毀損で提訴していました。

つまり、 吉村氏自身も、自分がになった訴訟が 「盗聴という犯罪行為を隠蔽するための乱訴」「事実を捏造してのためにおこなった違法な行為」であることを認めていたということだろう。

判決は、武富士による訴訟が「批判的言論を抑圧する意図」によるもので「不当提訴」「不法行為」と認められ07年に確定。

ここで考えてみてほしい。

そんなに加担することがなぜ、 「上、認められた権利」「のなかであるべき姿」ということになるのか。

いま武富士スラップ訴訟の記事読んでました、吉村知事さんてとても恐ろしい人なんですね 検索は武富士スラップ訴訟で出て来ました — 佐伯 学 manabusaeki 吉村知事は、かなりヤバい人物なのではないか、と思います。

21
私が『週刊プレイボーイ』(集英社)2004年3月2日号にまとめた記事があります。 今では日本でもスラップ訴訟と言うようになっています。 転機が訪れたのは、2003年の12月2日に武富士の武井保雄会長が、電気通信事業法違反で逮捕されたこと。 とことんカネで解決するのがこの会社の流儀らしい。 (平成16年)• しかし、たしかに裁判資料を見ると、武富士の代理人の欄に『吉村洋文』という名前があった。 2004年6月30日 株式会社 存〉(「月刊ベルダ」2004年7月号より) これを読めばわかるはずだ。 毎日新聞 2015年5月9日• 一方の寺澤氏は、言論封殺を目的としたスラップ訴訟だったと、逆に2億2千万円を請求する訴訟で反撃。
15