生理 危険 日。 安全日・危険日・生理日自動計算ツール~安全日危険日とは?

つまり、 「妊娠しやすくなる日」はあったとしても「絶対に妊娠しない日」は存在しないということです。

【排卵検査法】排卵検査薬で危険日を予測する 排卵日が近付いてくると脳の下垂体から黄体ホルモンが大量に分泌されます。

しかし、「妊娠しない」などということは、決してありません。

女性ホルモンのバランスの分泌が安定していれば、生理周期や基礎体温も安定します。

もちろん、危険日だから必ず妊娠する、というわけでもありません。

薬局等で購入できる一般の妊娠検査薬は、この絨毛性ゴナドトロピン(HCG)の濃度上昇を調べて、陽性・陰性の判定をしています。

一方、基礎体温では 「高温期の4日目から高温期が終わるまで」が安全日とされる期間です。

80

妊娠を望まない人は、必ず避妊をするようにしましょう。

生理日を入力し、次の生理日を推定します。

入浴 ぬるめのお湯で、体の芯まで温まるのが効果的、冷えた手足のマッサージもプラスしましょう。

人工中絶は、妊娠をして21週6日までに行わなければなりません。

3日以上粘りの強いおりものが続くと排卵が近いとされています。

無理の無い範囲で運動を行うことは気分転換になりますし、好きなアロマを焚くことや音楽を聴くことでリラックスするのもおすすめ。

監修書籍「やさしく 正しい 妊活大事典」(プレジデント社)• 基礎体温をつけていると、排卵が起こった日がわかるようになります。

これが「排卵」です。

卵胞から卵子が飛び出す際に、腹膜を刺激することで起こる痛みでそう長く続くものではありません。

卵子&精子の寿命から考える安全日は 「排卵の翌日から次回排卵日の1週間前まで」とされています。

67

安全日は危険日同様、 「卵子&精子の寿命」と「基礎体温」の2つの点から考えることができます。

期間の目安は排卵日の一週間前から翌日までの9日間程度とされており、特に 排卵日の4日前から排卵日当日にかけて妊娠の確率は高くなっていきます。

個人差や体調などによる誤差が大きいため、危険日の期間は長めとしています。

安易に安全日や危険日の存在を信じてしまうと、取り返しのつかないことになる場合も。

しかし、安全日というのはあくまで予想でも目安。

後程詳しく解説しますが、生理直後は確かに比較的妊娠の可能性は低くなるものの妊娠の可能性がなくなる訳ではありません。

黄体期は通常約14日続きますが、9〜16日が一般的です。

特に、生理周期が乱れやすい人は、安全日だと思っていた日が実は危険日だったということがあります。

そんなときには、 「緊急避妊薬(アフターピル)」で対処できることを覚えておいてください。

このホルモンが、下垂体に黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモンのレベルを上昇させるよう促します。