横浜 翠 陵 高校 偏差 値。 横浜翠陵高校(神奈川県)の偏差値 2021年度最新版

初代学校長の石川裕二は神奈川県初の民間校長であり、清水ヶ丘高校から教員として創立に係わった2代目の岡崎珠苗校長を経て、三代目の船橋憲正校長も民間出身である。

・修学旅行先は、一期生(2004年度生)がシンガポール、二期生(2005年度生)が沖縄orシンガポール、三期生(2006年度生)が沖縄orオーストラリア、四期生(2007年度生)が沖縄or韓国、五期生(2008年度生)が沖縄or台湾、六期生(2009年度生)が沖縄orマレーシア、十一期生 2014年度生 からは長崎or大分、十三期生からは沖縄。

3年次の探求の活動の前段階として、小論文の書き方を学ぶための授業。

横浜清陵総合高校(かながわけんりつよこはませいりょうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市にある全日制総合学科の高等学校で、所在地は横浜市南区清水ヶ丘41番地2004年(平成16年度)4月に、神奈川県立の「清水ヶ丘高校」「大岡高校」が再編統合して開校した。

生徒はテーマによって各系列科目に割り振られ、その中でホームベースという括りを作って1年間その中で活動する。

よこはま動物園ズーラシアと提携したZoologyと呼ばれる独自の授業, 実習を行っている。

74

・自転車・バイクでの通学は原則禁止されているが、2005年度からは遠方地に住む生徒に限り申請及び学校側の許可が必要ではあるが最寄駅までの利用が可能になった。

定員は1年次240名。

最終的には、全員が論文の提出と、1年間の成果を発表をする。

平均:52• 遅刻になります。

・選択科目 - 自然科学とことこ、生活の中の自然科学、ロボット入門、情報処理技術、写真表現、茶道、世界の旅、ハングル、中国語、社会福祉基礎、基礎介護、マネーライフ、スキー・キャンプ、トレーニング理論など様々な科目を設置している。

先生に内緒でリュックを持ってきてリュック登校している人もいます。

このインタビュー実習やその前に行われるコミュニケーションスキルトレーニングなどを通して、今後社会を生きていくために重要なコミュニケーション力を養う。

横浜翠嵐高等学校の卒業生・有名人・芸能人• 平均:42• ただし、授業時間の活動に関してはそれに縛られることなく、事前に申請をすれば探求の時間を活用してどこかに出かけることもできる(例えば、絵画について調べているので美術館を見に行く、など)。

徒歩7分 横浜市営3号線• 旧・清水ヶ丘高校の校地(横浜国立大学・跡)と校舎、および新校舎(総工費4億円)を併用する。

49

生徒に主体性を求める校風で生徒会や行事、学校説明会などが生徒主体で行われている。

ただし、2年次の金曜日6時間目はなし。

2年生全員が行うインタビュー実習を柱として進む授業。

50分6限授業(単位数により異なる)2学期制。

・探求 - 3年次の必履修科目。

12